配慮しなくていい

細かい配慮が出来るひとって、素晴らしいですね。
でも、それがもし、そのひとの無理の上に成り立っているとしたら・・・

つまり
「配慮が出来ない自分はダメな人間」
「大人として配慮するのが当たり前」

というルールに縛られ、そんな意識が過度に働く。
そして、始終まわりを見ながら神経をすり減らすような生活をしていたとしたら。

それは本人にとっても、まわりにとっても決して素晴らしいこととは言えないのではないでしょうか。

また、無理に配慮しようとするひとは、おおにして配慮のない他人に対し腹が立つものです。
配慮のあるないで気分を害するのは、じつに時間がもったいない。

お客様のお話を伺ってると、意外と多いんですね。

気が付かなくていい。
神経すり減らし、自分が壊れるくらいなら、配慮なんか出来なくったっていい。

配慮が出来ることは素晴らしいこと
しかし、たとえ配慮が出来なくても、あなたの素晴らしさには何ら変わりありません。

自由に自然に自分らしく
まず、自分が自分らしく素の自分でいい。

その上で、自然に気が付くことができるようになれば、それを配慮というのではないでしょうか。

投稿日:
カテゴリー: yuji