《赤とんぼ発見!

まだまだ暑いですが、秋は始まってますね♪》

 

ゆうじです ^ ^

 

今日は

意志が弱いから……

 

 

“おかげマインド”

電子書籍配信記念キャンペーン実施中!

キャンペーン内容はこちらです

*9月期募集枠、残席2名1名

 

 

 

『おかげマインド』の書籍情報はこちらです

■■■■■■■■■■ 

 

”おかげマインドスクール”説明会を

受けてくださったAさん(現在受講中)から

 

「説明会の風水(説明会の特典)を受けてから

気持ちが楽になり、以前の状況とは変化してきている」

と嬉しいお言葉をいただきました^ ^

 

キャンペーンのお申し込み期限は8/31までです

キャンペーン内容はこちら

ご検討されて見える方

この機会にいかがですか?

 

ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*

 

さて、ブログ記事に戻します

 

 

 

親鸞聖人(浄土真宗を開いたお坊さん)の言葉に

こんなのがあります

 

 

 

「明日ありと 

思う心の仇桜

夜半(よわ)に嵐の 

吹かぬものかは」

 

 

これは、彼が9歳で仏門をたたいた時

弟子入り先の、お寺の住職さんに放った言葉です

 

 

お寺の門をくぐった時刻は夜でした

 

 

 

 

そこの住職は言いました

「今日は遅いから、明日の朝

得度の式をしましょう」

 

 

 

ところが親鸞聖人は

「明日までは待てません」

 

 

 

 

そして、続けたのが上の言葉です

 

「今、美しく咲いている桜が

明日も見えるとは限りません

夜半に強い風が吹いて散ってしまうかもしれないですよね」

 

 

 

無常感を表した言葉ですが

お寺にとっては迷惑な話かもしれませんね

 

 

だって、サラリーマンだったら

「さて、今日も1日の仕事を終えた

風呂で汗を流して、晩酌でもしようか」

と思ってる矢先のことですからね 笑

 

 

 

 

冗談はさておき 

意を決し、覚悟したならすぐに動く

それこそが親鸞流、覚悟の心意気ではなかったのか

と思っています

 

 

 

 

僕は、2年前に脳出血をしました

全く予兆もなかったので

その日も普通に予約されてたお客様に

整体し、1日の施術を終えたら晩酌しながらの晩ごはん

 

 

その後はアマプラや録画の映画を観て

お風呂に入る

 

そして、ベッドで本を読みながら自然に寝落ちする

そんな普通の1日を過ごす

それに微塵の疑いすら抱くことなく

 

 

 

 

しかし、予期せぬ事態により

その日のスケジュールはもちろん

以降1ヶ月程、スケジュールに穴をあけてしまいました

 

 

 

 

それは僕自身、今後もずっと整体を続けていくことに

限界を感じさせられる出来事にもなりました

 

 

 

  

やりたいと思い

決意を固めたらなら、できる限りすぐに動く

 

 

 

僕はそんな思考を持つようにしていますが

これは、決して僕の意志が強いからではありません

逆に弱いからなのです

 

 

 

 

弱いがゆえ

 

すぐに動かないと

「まあ、今やらなくてもいいか」

 

1日休むと

「週明けから」

 

1週間休むと

「キリのいいところで来月から」

 

 

となって、結局できなくなってしまう

 

 

それが嫌で

何かしら急き立てられるような強迫観念を

あえて植え付けるようにしたのかもしれません

(カッコいい言い方でまとめるとそんなところです)

 

  

 

なんだかんだ言い訳をつけて

動かなくなる

 

 

めんどくさがりゆえの

認知不協和(やりたいけどやれない)が生じてしまうんですね

そこからの

クリエイティブアボイダンス(できない言い訳をつけてしまう)

これ、僕の意志が弱いからなのです

 

 

 

  

話は変わりますが

小学生の時の僕は

全て後回しにする性格でした

 

 

 

 

夏休みの宿題も

2学期の始業3日前になってやっと

重い腰を上げるタイプでした

 

 

 

何をやってもダメ

 

 

 

2つ違いの兄は優秀だっただけに

「落ちこぼれ」

の烙印を自ら押さざるえませんでした

 「どうせ俺はダメな人間だから……」

 

 

 

中学生の頃から

そんな自分を少しづつ

変えていきたいと思うようになりました

 

 

 

 

ダメ人間を克服するための

「後回しにしない」

に、取り組んだのです

 

 

 

 

そして、時は過ぎ社会人に

その間、素晴らしい人との出会いや

さまざまな経験を通して

少しずつ変わっていったように思います

 

 

 

 

先に済ますことができるようになりました

 

 

 

 

ただ、めんどくさがりで

面倒なことはできればやりたくない

本質的なところは変わっていませんけどね 苦笑

 

 

 

 

 

話を元に戻します

脳出血して死をリアルに感じた時

そして奇跡的に回復した時

 

 

 

「今日が人生最後の1日になるかもしれない」

を、より強く思うように

 

 

 

 

そのためには、やりたいと思ったこと

それがやれる状況であれば

できる限りする

 

 

 

やりたくないことでも

やらなければいけないことは

早く済ませる

 

 

 

時にそれは、周りからせっかちとも捉えられます

 

 

でも

明日、花見をしようと思っていたら

桜は散ってしまったでは

悲しすぎますからね

 

 

 

与えられた命の時間枠の中で

目一杯人生を楽しみたい

そのための

「後回しにしない」

その気持ちは、これからも大切にしていきたいものです

 

 

 

 

 

今日も読んでくださり

ありがとうございます。

おかげさま(=^x^=)

 

 

■■■■■■■■■■ 

自由に

自然に

自分らしく

 

 

 

  

おかげマインドスクールに

ご興味持たれた方は 

こちら

をご覧ください

  

* 個別オンライン説明会参加希望の方は

“おかげマインド”公式LINEで

友だち追加をタップしてご登録後

「参加希望」と一言添えて送信してください。

↓↓↓

友だち追加