頑なさゆえに損したことって、過去にありませんか?

頑なさは損をするばかりか、その人の可能性に制限をかけてしまいます

ただ、頑な人(自分の頑なさを知っている人)に共通しているんですが

そういう人に限って

「本当は、もっと柔らかく、しなやかに生きてみたい」

という願望が見え隠れする

猫を飼っている人ならより理解できると思うのですが

猫は身体も柔らかければ、生き様も柔軟です

例えば、人見知りな猫ちゃんは、知らない人が部屋に入ってくると

「シャー!!!」

って言って、丸めた背中の毛を逆立てながら相手を威嚇しますよね

だけど、その相手が

「チュールだよ」

って言って、チュールをあげようものなら

「まあ、そこまで言うなら食べてやらなくもないが」

みたいなテイで、ちゃっかりお召し上がりになられますよね 笑

そして、食べ終わった後は媚を売るでもなく

「もう、お前に用はないから」

みたいな感じでそそくさとその場から離れ、存在を消します

めちゃ笑えるけど

まあ、人間でそれをしたらポンコツと思われなくもないですが 苦笑

でも、単純な捉え方ですが、頑なさを持っていないからチュールを食べられるんです

得をするんです。

損得勘定だけで人間生きていくのはいかがなものかと思われるかもしれません

でも、変なプライド意識(頑なさ)を捨てて生きていくと

得をする以外に、意外と楽に生きられるような気がします

猫のように

ここのところの蒸し暑さで、我が家の猫もへばり気味です。でも猫缶の「カキョ」って音を聞くと、眠気眼もパッチリ、1オクターブ高い鳴き声で擦り寄って来ます 笑

yuji